お腹が鳴るのはなぜ?そんなあるあるを解決!!対策と止める方法一覧

学生だと試験やテストの時間、会社に勤めている方は会議であったり、周りがシーンと静かになる場所に出席した際に、急に空腹になりお腹が「ぐぅぅ~」ってなって恥ずかしい思いや申し訳ない思いになったしまう事が人生で経験した方も少なくないのではないでしょうか?

私も資格試験中にお腹が鳴り集中できなかった事があり悩んでました。
ですがある事をするだけでお腹が鳴らなくなり、安心して音の少ない場所に居合わせる事が出来る様になったのです!!

この記事ではお腹が鳴るのを防ぐ対策方法についてまとめてみました。
これで試験も会議もばっちり!!

いつ?なぜお腹が鳴るの?

朝ご飯をしっかり食べて学校や仕事に行っても10時過ぎると急に鳴り出す場合もありますよね、周りの音が大きい場所だと諦めて有るがままに音を出し、波が収まるまで良いですが場所次第では、そうもいかない場合も。

なぜお腹が鳴るのかというと...。

お腹が鳴るメカニズム

お腹が鳴るのはわかる。けど実際どういった経緯でなっているのかは知らない方もいるのではないでしょうか?
思っている以上に単純で胃が運動するときに発する音が原因で発生しているようです。

①胃や腸が収縮するタイミングで音が出る。

例えば朝食を食べて数時間経過した後おなかが減ったな~って思うことありますよね、その時胃の中では食べたものや空気・水などが入り混じった状態になります。
胃では食べたものを消化する役割があるので消化液と良く混ざる様に運動が行われます、その際中の空気が圧縮されて「ぐ~」っと音が鳴るようです。

②胃で消化されたものが小腸や大腸を通る時の音

ご飯を食べた後なのにおなかが鳴るときも稀にありますよね、それは食べ物を食べるときに空気も一緒に食べていて、胃で消化されたものが小腸・大腸を通るときにガスが発生しその時に音が出ます。
このガスはおならの発生にもつながっているようですね。

様々な対策

・空気を飲み込まない作戦。

食事する時に一緒に空気も食べてしまいますが、その時に出来るだけ空気の飲み込みを少なくする方法です。
よく噛む事を意識してやってみましたが、実際空気を飲み込まないのは無理なので、ちょっとよくわからなかったです。

・ツボを押してみる

体にはツボと呼ばれる押さえると身体的な機能が向上したり血行が良くなったりと良い働きをもたらす押す場所がありますが、どうやらお腹のなるのを防ぐツボがあるらしいです、場所としては「親指と人差し指の間」を数秒間押さえる。だそうです。これは、、、正直効果はなかったですね。

・おなかを膨らませる

個人的に一番効果があるのはこれっ!!
お腹が鳴るなって感じると思いますがその時に息を止めてお腹を膨らませてみてください
胃に空気を入れて膨らませる(文字で書くと難しいですね)

単純にお腹に力を入れて胃の収縮運動を抑えるためお腹を前に出す様に膨らませるとお腹が鳴らなくなりました。

まとめ

お腹が鳴る原因は胃が空腹になり運動が活発な時に起こる振動なので、お腹に力を入れ(膨らませて)収まるのを待つ。
が一番効果的で簡単に音が鳴らなくなりました。
これで音が少ない場所でも冷や汗をかかずに過ごすことができますね。

おすすめの記事