ウサギの食事基本編(与えていい食べ物・ダメな食べ物)

人間にとっても健康の基盤となる食事。
食事は動物にとっても大変重要なものとなります、特にうさぎは草食動物なので牧草や茎・樹皮だけだと栄養が賄えないのでペレット等の配合飼料で必要なエネルギーを賄う必要があります。
ですが、ペレットだけでは栄養バランスが悪く病気の原因にもなりますので、うさぎを飼育する際は何を好んで食べているか観察するようにしましょう。

ウサギは自分で食べれるもの・食べれないものの判断ができないため、与えられたものは食べてしまう傾向にあります。
ですがウサギはデリケートなため有害な食べ物を知らず知らずのうちに与えて、体調を崩さないように把握しておきましょう。

この記事ではウサギが食べれるもの食べてはダメなものを中心にご紹介。

基本となる食事

〇ペレット

ペレットにも様々な種類があり「維持用」「成長期」「高齢用」「低Ca食」など成長に合わせて選ぶ必要があります。ペレットは高カロリーな為与えすぎると栄養過多になり健康にもよくありませんので適量を与えるようにしましょう。

また、ネザーランドドワーフのような小型な品種は大型のウサギに比べて低いエネルギーで生活していたりするので、飼っているウサギに合ったペレットを選ぶようにしましょう。

〇牧草・乾草

本来野生のウサギの食事は野草の茎・根・樹皮など繊維質が多く含まれているものを摂取しているため、消化器官もそれに合わせた独特なつくりになっています。
牧草等は食物繊維が多く含まれており低カロリーで健康にもいい食事になるので、常にエサ入れに入れておき好きな時に食べれるように準備してあげましょう。

牧草などを齧ることはウサギの歯の伸びすぎ防止にもなるので必ず与えるようにしましょう。

食べてもいい食事

〇ニンジン・ニンジンの葉

ウサギは何を食べる?と聞かれたらニンジンと答える方も多いのではないでしょうか。ニンジンは糖分が高く好んで食べるウサギも多いいですが与えすぎには注意。

〇野草

普段生活する中で道に生えているタンポポやクローバーなどは野生の犬や猫の排泄物や車の排気ガスに汚染されている場合があるので採取して与えるのはやめましょう。
与える場合は室内で育てた農薬の使われていない事が確認とれた野草を与えるようにしましょう。

〇リンゴ

リンゴは皮の部分は取り除いて与えるようにしましょう。
皮の部分は農薬やワックスがついている場合があり水洗いでは取り除けないので除去しましょう。

〇パイナップル

腸の働きを良くする酵素が含まれているため消化や便の改善にも有効です。

食べてはダメな食事

〇イモ類

食べてはダメなものはさつまいも・じゃがいもなどのイモ類のデンプン質なものは基本的にウサギには向きません。

〇淡色野菜

キャベツ・レタス・キュウリ・などは食べた時の食感がいい為、うさぎも好んで食べるようです。ですが栄養価が低い上に水分量が多いい為、軟便や下痢を起こす可能性があるので与えるメリットがありませんので基本的には与えないようにしましょう。

〇加工食品

人間が食べているチョコレート・アイス・クッキー・パンなどはウサギの体には合わないので与えないようにしましょう。

まとめ

〇食べてよいもの
ニンジン・セロリ・ほうれん草・ケール・ブロッコリー・カリフラワー・大根・パセリ・
ミント・芽キャベツ・タンポポ・オオバコ・クローバー・リンゴ・洋ナシ・パイナップル・イチゴ・ラズベリ

〇食べてはダメなもの
豆・ネギ・玉ねぎ・にら・イモ類・キュウリ・トマト・レタス・キャベツ・加工食品・アボカド

おすすめの記事