【職場恋愛】自分からきっかけを作り結婚につなげるうえで重要なポイントと振舞い方。

職場に好みの男性がいて、是非とも付き合ってみたいと考えているなら、積極的にアタックすると良いでしょう。ただし、やみくもに接近するのはおすすめできません。

職場は同僚や上司の目があることを忘れないようにしましょう。

職場で彼氏をゲットして上手く結婚まで漕ぎつけるためには、様々なテクニックが必要です。
職場で彼氏を捕まえて結婚までつなげるためのスキルと結婚後の注意点について紹介しましょう。

コチラの記事でも職場恋愛について書かれていますので、
興味がある方は参考にしてみてください。

もし出会いが見つからない方は最終手段「おすすめ結婚相談所」こちらをどうぞ。

職場で付き合うきっかけの作り方

職場に気になる男性がいて、何とかして付き合うきっかけを作りたいときは、ぼんやりとチャンスが訪れるのを待っていてはいけません。

自分以外にもその男性に注目している女性の同僚がいるかもしれないのです。

魅力的な男性ほど、ぐずぐずしていたら他の女性に取られてしまうでしょう。だからといって、むやみにやたらと接近するのも禁物です。周囲から怪しまれるし本人からも警戒されてしまうでしょう。そこで、さりげない接近術が必要です。

お目当ての男性が通るルートを歩くようにして、
目が合う機会を増やしましょう。

相手が忙しそうでなければ、
さりげない声掛けや挨拶も効果的です。

本人の印象に残るように、地味な努力を欠かさないようにしましょう。

狭い廊下で二人だけすれ違うチャンスがあれば、
「背中にホコリがついてますよ」と言ってスーツにタッチするのも良いかもしれません。
相手の反応を確認する良い機会でもあります。

もちろん、背中にホコリがついていなくてもかまいません。

ホコリがついているふりをして取ってあげる動作をすることにより、さりげないスキンシップを図るのです。その際に、相手が「ありがとう」と言ってニッコリ微笑んでくれたら、脈ありと言えるでしょう。

相手が困っている時に「お手伝いしましょうか?」と積極的に申し出ることも必要です。
貸しを作っておけば、自分が困ったときにお手伝いをお願いすることができます。

手伝ってもらえたら、お礼の品をあげたり、
ランチをおごってあげると誘ったりする契機ができます。

付き合い始めた後、職場で注意したい彼氏との接し方

上手く相手との交際をスタートできても、職場で早々にバレてしまう事態は避けなければなりません。
ゴシップ好きの職員たちの恰好の餌食となってしまいます。

職場で噂の種となると相手も仕事がしにくくなり、
せっかく芽生えた関係が潰えてしまうことにもなりかねません。

かといって、急によそよそしくなるのもおかしいので、以前と同じように自然体で接するように心がけましょう。これまで親切にしていたなら、同じ態度で接すれば良いのです。

安易なスキンシップを避けるようにして、
彼氏と一定の距離を維持するよう心がけましょう。

また、彼氏のことで頭がいっぱいで、他の男性職員に冷淡になるような態度を取ってはいけません。

はっきり言って女性陣を敵に回す確率が高い以上、
男性陣まで敵に回すと職場にいるのが辛くなるでしょう。

それから、職場以外でも、人通りの多い場所で手をつないで歩いたり密着してデートしたりするのは、賢明とは言えません。

意外にも「まさかこんな所で?」というような場所で、
同僚と鉢合わせしたり目撃されたりすることは珍しくないのです。

結婚後職場でのふるまい方

交際が続いて結婚することになったら、
もはや職場でも公認の事実となるのでコソコソする必要はありませんね。

ただし、結婚後は出産・育児という段階に発展する可能性が高いので、産休や育休で同僚の支援をあおぐことを予想して献身的に職務に専念することが求められます。

これまで以上に仕事熱心に働いて、同僚に貸しを作っておきましょう。
結婚退職という手もありますが、できることなら産休・育休後も仕事を続けられる体制を整えておいた方が経済的に有利だと言えるでしょう。

職場での付き合いには細かい配慮が欠かせません。

恋愛は自由とはいえ、職場では人間関係が重要なので、どんなに好きな男性がいても自分の思うがままに振舞うわけにはいきません。安易なアプローチを選択すれば、好意を持ってくれている相手との交際も破綻してしまうおそれがあります。

職場でみんなに受け入れてもらえるような恋愛ができるよう、
十分に戦略を練ってからチャレンジしましょう。

おすすめの記事