好きな子とのデートもばっちり!!シーン別に見るモテヘアアレンジ

ハーフアップで清楚な印象を与える

お仕事のシーンで、一番大事なのはきちんと感です。
しかし、あまりにもピシッと決まりすぎるとダサくなったり、女性らしさに欠けてしまいます。

上手にゆるさをプラスして、職場の男性からの評判が上がるような、お仕事シーンのへアレンジを紹介します。男性が好きな清楚な印象が演出できる、ハーフアップのヘアアレンジです。

ハーフアップのヘアアレンジ

比較的、髪が長めの方におすすめです。
まず、アイロンで毛先から一回転巻きます。
同様に繰り返して、全体の毛先に動きを出します。
次に、前髪はななめに流しましょう。

そして後ろの髪を耳上の高さでとり、手ぐしでまとめます。
まとめた髪をねじって、一束にします。

できるだけきつくねじ上げてください。
ねじった髪を押さえたまま、トップの髪を引き出してボリュームをアップします。

ハーフアップは、サイドのタイトさとトップの高さがデキル女風に仕上げるコツです。
ねじった毛束部分に、U字型のかんざしをさし込みます。

頭に対して垂直にしてください。
そのまま頭側に向かって90度に倒し、土台の髪にかんざしをさし込めば完成です。

ミディアムヘア向けアレンジ

また他にも、髪の長さがミディアムくらいの方におすすめのワザありハーフアップのヘアアレンジをご紹介します。

まず前髪を7対3くらいに、ざっくりと手ぐしで分けます。
少しタイトめに流しましょう。

次に、片サイドの耳後ろの髪を二束とり、それぞれねじります。

そして二つの毛束をねじり合わせてください。

ツイストして一本にまとめた髪を逆サイドへ持っていき、
耳裏にアメピンでとめます。
ミディアムだからバランスが良く、
きちんとして見える低めのハーフアップです。

顔まわりのすっきり感と、
ヘアで作るバレッタ風アレンジが、
シンプルに見えて小ワザが光ります。

フェミニンな女性らしさを演出

現在彼氏がいなくても、いつデートのお誘いがくるかもわかりません。そのような時に備えて、柔らかな質感でファミニンな印象を与えるヘアアレンジを紹介します。

大人のデートアレンジは、やりすぎ感のない甘さが必要です。
ゆるく目元に落ちる毛や、
ちらりとのぞくうなじで女性らしさを演出すれば、
おのずとお付き合いに発展するかもしれません。

大人のデートアレンジ

まずは、髪の長さが比較的長めの方におすすめの髪全体を片側に寄せる、
セクシーなスタイルです。

首のラインがキレイに見える効果で、
女度が上がる特典もついています。

まず、アイロンで中間の毛を巻き込み、毛先に向かって滑らせます。
内巻きと外巻きを混ぜると、ボリューム感のある巻き髪に仕上がります。

次に、前髪を4対6で分けます。

そして、少ない方の前髪と、すぐ後ろの髪の二束をねじり合わせましょう。

その束を逆側の首のつけ根に向かって、土台の毛束を加えながらねじり編んでいきます。
首のつけ根まで編んだら、毛先が隠れるようにアメピンで固定しましょう。
さらに、多めに残した前髪は、少しゆったりとさせて、こめかみあたりにアメピンでとめます。

最後に、手のひらにワックスをのばし、おろした髪にクシュクシュともみ込んで崩せば完成です。

色っぽい片サイド寄せを、ねじり編みでカジュアルに見せることができます。

ショートヘアおすすめアレンジ

次に、髪が短めの方におすすめのヘアアレンジです。

ヘルシーな印象のショートボブ風に仕上げつつ、
顔周りのシルエットで大人の上品さを醸し出せば、
いつもと違う印象を相手に与えることができます。

まず、髪全体を毛先から内巻きに一回転、アイロンで巻きます。次に、トップのみ根元からアイロンで巻きます。こうすることで、髪表面にニュアンスが出やすくなります。

そして、前髪は残し、もみあげをすっきりまとめながらカチュームをつけます。
ビーズの飾りがポイントのカチュームを使えば、ヘアのワンポイントにもなります。

さらに、後ろ髪を右と中央、左の三束に分け、毛先をカチュームの下に入れ込んでいきます。最後に、前髪や後ろ髪の毛束を、指先でつまむようにしながらほぐしていきましょう。

ひとひねりあるポニーテール

ゆったり過ごしたい休日は、ついついヘアアレンジも手を抜いてしまいがちではありませんか。

女友達と遊ぶだけだからといっても、いつ素敵な出会いが待っているかはわかりません。男性が好きな髪型にもよく挙がる、休日定番のポニーテールのひとひねりあるアレンジをご紹介します。

ポニーテールは、ただ結ぶだけだとボリュームに欠け、貧相に見えがちです。
ポニーテールを二段重ねしてボリュームを出せば、若々しく明るい印象を与えることができます。
また二段重ねのポニーテールは、髪の長さが足りないミディアムの人にもぴったりです。

それでは、方法を説明します。

まず、アイロンで髪の中間から毛先を巻き込み、毛先に向かってスライドしていきます。
その際、内巻きと外巻きを混ぜましょう。

次に、耳上ラインで髪をとり、手ぐしでざっくりとまとめてゴムで結びます。
結び目を押さえて、トップの髪を少しずつ指でつまんで引き出しましょう。

次に、下段の残った髪をできるだけ上の位置で、ひとつにまとめてゴムで結びます。そして、結んだ毛束を逆毛に立てます。

結び目に向かって、髪を引き下ろすようにすると、上手にできます。

最後に、手のひらに硬めのワックスをのばし、毛束をクシュクシュ崩せば、毛先に動きが出ます。

また、耳上ラインで結んだゴムに、小さなビーズクリップをつければ、飾りゴム風になり、良いアクセントになります。

おすすめの記事