会話が続かず苦手な方必見!飲み会や職場で初対面の方と話すポイント。

初対面の人と仲良くなるには?

飲み会などの交流の場で初めて会う人と話す時、何を話せばいいかわからなくなったり、相手がどう思っているか気になって急に緊張したりする場合もありますよね。

かという私も緊張する一人です。
テレビで出演している方々をみると初めて共演するのに,
「よく楽しそうに話しが出来るな~」
「あんな風に緊張せずに話が出来たらな~」と思ってしまいます。

社会人になると初対面の方と話しをする機会が増えてくるので、
どうせなら緊張せずに楽しく話したいですよね。

この記事では初対面の方でも話が出来る様にするにはをテーマに記事にしてみましたので、この記事を読めば初対面の場でもばっちり。

初対面の方との話し方

初めて会う方と話す場合、相手の事について何も知らない状態なので何を話していいか解らなくなってしまいます。

初めに話す内容を複数パターンとして持っておくことで会話が途切れた際にも次の話題を出せる様に準備しておきましょう。

初対面の方と話す時のポイント

初対面の方と話す時に注意するポイントがいくつかあるのでご紹介。

これらを意識して話をするだけでも相手から見た時に話しやすい人と思われやすくなるでしょう。
また現代はSNSやFacebookなど事前に相手の事を知れる場合もあるので前準備に相手の事を知っておいて話をするのもいいでしょう。

ただし知っている事を相手に悟られると相手から不審がられてしまうのでで知っているけど知らないを前提で話すと緊張せずに話す事が出来ます。

①まずは挨拶

初対面の方と話す場合、第一印象が重要となります。第一印象が悪いと次回合うときは「あの人あんな感じのひとか~」と思われてしまいます。

人は初めて会う場合第一印象でその人がどんな人なのかを決めてしまいますので相手から見た時の自分にも意識を向けておきましょう。

例えば初対面の相手が声が小さくて聞き取れにくい方だったり、話す時の態度が悪いと印象はどうでしょう?あまり良くは思いませんよね。

まわりの話しやすい人達はどんな姿をしているか考えてみましょう。
おそらく声がはっきりしていて笑顔。

悪口等を言わないので不快になる事もなく自身の考えを話してくれるので話していて楽しいですよね。

②聞き手に回る事。

人は話をしたい生き物で何かを話すとストレスが40%低減すると言われています。

要は相手に話をさせる様に仕向ける事で聞き手に回る事を意識しましょう。
ある程度自分の中での会話パターンを作りそこから話題を広げる様にすれば会話が途切れる事なく楽しい時間を過ごすことができます。

ただ相手ばかり話していると話す側も疲れてしまうので適度に自分の事も含めて話をするといいでしょう。

【例:パターン】
質問:「どこに住んでるのですか?」
相手:「実家は○○県ですが、出てきて一人暮らしをしてるんですよ。」
質問A:「そうなんですね岡山って○○が有名ですよね」(地元の話→)
質問B:「一人暮らし大変そうですね。慣れましたか?」(現状の話→)
質問C:「一人暮らしなんですね。自炊とか大変そうですね」(食の話→)

質問をして相手からの返事に対しそこから話を広げていく事を普段から意識しましょう。
相手の話をよく聞いて自分は相手の事をもっと知りたいと思ってもらう事が大切です。

③いろいろな話題

相手がどんな話題が好きなのか初対面ではわからないので探っていく必要があります。会話の中で相手が楽しくなってきたなと思えるポイントがあるので探ってみましょう。
【話題例】
天気・季節・出身地・住まい・趣味・仕事・将来の夢・目指してい事・スポーツ・ジム・テレビ・YouTube動画・食べ物・時事ニュース・血液型・お酒・休日の過ごし方・最近の出来事

「今、何についての話をしているのだろう?」現象。

普段からコミュニケーションが得意な方は頭に浮かんだ事をうまく順序立てて話すことが出来るので問題ないですが、そうでない方は頭に浮かん事をすくに話すと会話のテーマがバラバラになり

「今、何について話しているのだろう?」となってしまいます。
そうならない為にも事前の練習は必要です。

また自分の言いたい事だけを喋り続けると自分は会話が弾んで楽しかったとなるかもしれませんが、相手から見ると不快に思われる場合があるので注意しましょう。

会話スキルを向上させましょう。

初対面での会話に緊張する方もいると思いますが、相手も同じ様に緊張しています。

なので会話がぎこちなくなるかもしれませんが徐々に打ち解けてくれば楽しくなってくることは間違いありません。緊張しても勇気を出し自分から積極的に会話していきましょう。

回数を重ねる事に会話のパターンや話しかた、抑揚の付け方など様々なな話し方が見えてきます。
自分なりの話し方を見つけて、
「あんな風に緊張せずに話が出来たらいいな~」と思われる人を目指しましょう。

おすすめの記事